あなたはICOに投資しますか?8人の著名仮想通貨投資家たちの答え

 

ICOによる調達額が全盛期の10分の1近くまで落ちて、すっかり寂びれてしまいましたが、

海外の有名な仮想通貨投資家たちに、これからもICOに投資するかどうか?という質問を行った際の答えをまとめましたので掲載します。

 

アダムジェームス、bitcoinist.com編集長 

私はICOに投資しません。

私はまだICOには将来があるとは思いますが、残念ながら規制当局による監視の増加により、ICOの全盛期は過ぎ去ったと思います。

 

 

ナザンローズ、The Crypto Introの運営者

私はICOに投資することはありません。

プロジェクトは、本質的な価値ではなく、多くの場合、ICO投資家がトークンをさらに高い価格で売ることができると盲信し購入しているだけだからです。

 

 

ダニエルフランキン、Cryptocurrency Analyst&Writer

そもそも私は米国の居住者なので投資できません。

ICOの大部分は無駄であると思います。

今までの傾向を見るとプロジェクトがハードキャップをあまりにも高く設定していたため、どのプロジェクトも上場後にICOよりも安い価格で入手することが可能でした。

 

クルールッソ、sludgefeed.com共同設立者

私はこれからはICOに投資しません。

既に取引所に上場しているプロジェクトへの投資だけで十分なチャンスがあります。

 

 

 

オーウェンクック、Cryptocurrency Analyst&Writer

未来のことはわからないが、私はICOに投資するつもりでいます。

 

 

 

 

マティアスドータ、ICO Informer創設者

どちらとも言えない。

今あるICOの問題を解決し、定義された市場を持つプロジェクトに貢献していることを確認できたら投資したい。

しかし今のICOの大半は「白い紙のアイデア」であり、私はそれらから離れようとします。

健全なプロジェクトであれば、ICOのメリットは非常に有益です。

 

トムアルフォード、TotalCrypto.ioのコンテンツのヘッド

私は2018年1月以来ICOに投資していませんでした。その理由は、2018年1月7日に全体の仮想通貨市場の時価総額がピークに達したからです。

現在の仮想通貨の相場を見ると、ICOで収益を生み出すことが非常に難しくなっています。去年は強気市場だったため、ハイリターンを生み出すことができました。

また、有望な仮想通貨プロジェクトの早期段階に投資することは非常に難しいことにも注意してください。

早期プライベート販売が増加し、一般セール購入者はプライベートセールよりも割高で購入するため利益を出しにくくなっています。

 

ビットコインベニー、YouTuber

私はICOに投資します。

厳しい目を持ってプロジェクトを審査し、良いと思うプロジェクトには投資していきます。

 

 

 

8人中5人は投資しない。2人は投資する。1人はわからない。という答えでした。

まぁ妥当かなというのが感想です。

海外のICO関連のサイトなどを見ても、最近はハードキャップどころかソフトキャップにすら到達していないプロジェクトが多すぎます。

すでにファンドもSTOの方に流れ始めているので、今後はそちらが主流になるでしょう。

「価値の裏付け」。これが仮想通貨においても重要になってきています。

 



ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
今なら口座開設だけで必ず3000円貰えます。
仮想通貨から入出金対応、レバレッジ最大888倍、追証無しゼロカットシステム、為替、株式指数、先物CFD、金銀、原油、仮想通貨(BTC,ETH,XRP)など同一プラットフォーム上で全て投資が可能、スプレッドが狭い、取引シグナルの無料配信がある、手数料最安値、迅速入出金