海外銀行の金利一覧をご紹介

 

日本の銀行に預け入れた場合は普通金利は0.001%が基本です。

定期預金だと0.02%でしょうか。

例えば、100万円を預け入れたとしても1年間で付く利息は約10円ですw

 

引き出し手数料や、送金手数料のほうが高く付きます。

私は海外銀行も色々口座を開設していますが、いくつかお勧めの銀行をご紹介したいと思います。

 

中国

香港HSBC、交通銀行  定期約3%

 

モンゴル

ハーン銀行 定期約3% 現地通貨建てだと約15%(トゥグルグの信用が無いのでお勧めできません)

 

マレーシア

CitiBank  定期約3%

 

ベトナム

ACB、Viet Capital Bank 定期約5.5%

 

カンボジア

ABA銀行 定期約5.25%

 

インドネシア

国営BRI銀行  定期約6.5%(交渉で7%も可)

※アジア最高の1口座につき2000万円の預金保護付き(ペイオフ)

 

 

日本の銀行の定期預金金利が0.02%ということを考えると他のアジアの国の銀行の金利は数百倍ということになります。

また新興国の場合、現地の通貨の価値が上がれば、さらに大きな恩恵を受けることもできます。

 

私も海外銀行は7つほど開設に行きましたが、額は大きくないものの、いくつか分散して預け入れています。

 

個人的にはカンボジア、ミャンマー、モンゴルなどの超小国の銀行への預け入れはお勧めできません。

日本でもここらへんの銀行は、最近営業活動を行って預金を募集していますw

モンゴルだと預金保護が90万円くらいしか無いですし、民間銀行だと潰れる可能性もあります。

 

これから伸びる国の銀行への預け入れは積極的に行ったほうがいいと思いますが、石油、天然ガスなどの資源だけに頼った国、例で言うとアゼルバイジャンなどの国の民間銀行への預け入れは危険かなと思っています。

 

日本の銀行だけに入れている人も多いと思いますが、色々海外の銀行の情報を集めてみると面白いです。

例えばインドネシアの国営銀行の場合金利7%だと、5000万預け入れて毎年350万の利息ですからね。

これだけで生活も可能です。

 

日本の高度成長期に銀行の定期金利が約7%だったことはご存知ですか?

当時は銀行の利息だけで生活ができると言われていましたが、世界中を探すとこれから伸びる新興国では同じような事が起こっています。

狭い日本の情報だけでなく、これから資産を増やすには世界に目を向けることが重要かと思います。

 



ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
今なら口座開設だけで必ず3000円貰えます。
仮想通貨から入出金対応、レバレッジ最大888倍、追証無しゼロカットシステム、為替、株式指数、先物CFD、金銀、原油、仮想通貨(BTC,ETH,XRP)など同一プラットフォーム上で全て投資が可能、スプレッドが狭い、取引シグナルの無料配信がある、手数料最安値、迅速入出金