海外で注目度が高い2019年に登場する仮想通貨を2つ紹介

最初に言っておくと、本日紹介する通貨はまだ流通していないためこれからICOなどが行われる可能性もありますが、絶対に参加しないで下さい。

どれだけ有望なものでももう割れるのがわかっているので、あえて参加するメリットは無いと思われます。

上場後価格が大きく落ちてから、相場が回復しだした頃に検討するのが良いかと思います。

2つとも日本ではほとんど知られていませんが、海外では非常に注目度が高い通貨ですので名前だけでも覚えておいて下さい。

 

1位 MultiVAC(VAC)

公式サイト:https://www.mtv.ac/

中国系のチームが開発するZilliqa、QuarkChainの新たな競合通貨で私も昨年からとても注目しています。

ちなみにMultiVACの名前の由来はIsaac Asimovという作家の短編小説の中に登場するスーパーコンピュータの名前から来ていると言われています。

 MultiVACは、分散アプリケーション(dApp)のために高いTPSを実現することを目的として開発されおり、そのTPSはビットコインの1万倍以上に達します。

ZilliqaやQuarkChainの単なる二番煎じではなく、MultiVACはそのコンセンサスメカニズムとシャード選択にVerifiable Random Functions(VRF)という疑似乱数関数を採用しており、ユーザーが関数全体を明らかにすることなく、すべての検証者が迅速に検証できる証明を生成できます。

大きな違いは、より信頼性の高い方法でトランザクションとスマートコントラクト処理のためにネットワークノードから断片を作成し、ネットワークを拡張することができる点です。

おそらく、今年の下半期あたりにこのMultiVACは界隈でも話題になっていると思われます。

 

2位 BitTorrent(BTT)

公式サイト:https://www.bittorrent.com/btt/

P2Pファイル共有サービスを提供しているBitTorrentが発行するBTTトークン。

BitTorrentは米国のサンフランシスコに事務所を構える企業です。

新たに発行されるBitTorrent(BTT)を使用すると、コンテンツ作成者は仲介者なしで視聴者と直接やり取りができ、デジタル通貨を稼ぐことができます。

この通貨の注目度は非常に高く、NEOとTRONが買収に動きましたが、結局最終的にはTRONの傘下に収まることとなりました。

BitTorrentのソフトウェアクライアントを使用すると、ビデオ、音楽、ゲームなどの高品質のデジタルコンテンツをすばやくダウンロードできます。20以上の言語で利用可能で、すでに7000万人以上のユーザーを抱えています。

このユーザー数のコミュニティ内で使われる事を考えると、一気にCMC時価総額上位に入ってきてもおかしくないと思われます。

 

他にもResistanceやChromaWayなど興味深い通貨がありますが、相場が非常に悪いため日の目を見ることなく消えていく可能性もありますね。

とにかく仮想通貨市場に外部から資金が流入してこないことには始まらないです。

 


ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



仮想通貨から入金可能な海外オフショア銀行口座。定期の金利は10%以上。ロンドン株式市場に上場の銀行。日本語完全サポートで郵送で口座開設可能