JBCの会場から2

 

本日もJBCの2日目に参加してきました。

会場マップは下記となります。

 

外国からも数多くの人が来場していましたが、日本人と外国人の比率は7:3くらいの感じでした。

外国人に特に人気のあったブースはFoin(フォイン)です。

Fcoinと間違えそうですが、Foinはアジアを中心に急速に広がっているようでその中身は株式を自動売買して月利15%、年利180%の配当を出すという少し怪しい通貨でした。

マルチ色が強く私は投資するつもりはありませんが、東南アジアや、日本でも急速に広がっているとのことで、このブースは外国人を中心に人だかりができていました。

 

 

あとはタイムイノベーションでしょうか。

こちらはBeaconを店舗などに設置し、位置情報を送信しスマホでキャッチする仕組みで、お店の滞在時間や待ち時間などの時間に対してポイントを付与するのが特徴です。


Beaconの画像

客側は行列に並んだり、お店に行くことによってポイントを付与されるというメリットがあり、お店側としては集客効果などが期待されwin-winの関係が構築されます。

価格が上がるかどうかは別ですが、すでにいくつかの上場企業との提携も決まっているようで、国産通貨としてはわりと期待できるのかなと思っています。

こちらは最初は日本だけでの展開で、後々世界展開も考えているようです。

 

2日間イベントに参加してみて色々な方と会いましたが、やはり皆さん仮想通貨投資で資産を大きく減らしていますね。

数分の1程度ではなく、最盛期から数十分の1程度は当たり前のような状態になっています。

ただし、多くの人は楽観視していて2019年~2021年頃には再び仮想通貨投資のブームが起こるのではという見方が強いです。

私も今年開始予定されているヤフーの取引所や楽天の取引所には期待していて、またそこから盛り返してくるのではないかなと思っています。

当面の間は大きな材料もないため厳しい展開が続くかもしれませんが、ここまで下がるとホールドしている分を今更売っても仕方が無いので長い目で考えていきたいと考えています。

 

また、明日以降に色々聞いてきた個別の話を掲載していきたいと思います。

 


実業から配当を出す唯一の次世代高配当ウォレット「YouBank」
5月中旬からサービス開始ですでに登録者300万人越え。詳細は上のバナーをクリックして記事をお読みください




ビットコインからFX、先物、株式指数、原油、金、仮想通貨など数百種類の金融商品に直接投資ができる【XM】
レバレッジ最大888倍、Nikkei225を含め、あらゆる金融商品に一つのプラットフォーム上から投資可能。日本のFX業者と違いゼロカットシステム採用のためリスクも大きく下がります



当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。