MunicsとWinsorの情報

Municsに関してですが、非常にもどかしい状況となっています。

現状出金は一応できますが、USDAからUSDTに取引所を介して換えた時点で3分の1以下の価格となり、
この点に関してMonspace側の公式発表ではそう遠くないうちにこれを1:1のレートに修正するとの事です。


ただし、今まで約束が守られなかった事が何度も続いているため、本当に修正されるのかどうか、
適正なレートに戻ればユーザー側も不満は無くなると思いますが、現時点では半信半疑な人が多いのではないでしょうか。

 

他にもアカウント毎のブラックリスト、ホワイトリストの仕組みも本当に導入されるかどうかはわかりませんが一応予定には入っており、Youbank時代からのユーザーからすると頭の痛くなる状況であると思われます。

 

Youbank創設者であるユーリンショウ氏が新たに立ち上げたWinsorMasterですが、こちらは早めに登録しておいたほうが良さそうです。

Municsのままだと株式が上場後に本当に出金させて貰えるのかどうか不透明なため、リスクヘッジとしてYoubank時代の株式が移行できるWinsorは3月半ばまでには必ず登録しておいて下さい。

Municsでも株式を売却できて、Winsorでも売却できるという状況が理想ですが、そうならなかった事も想定しておく必要はあります。

 

 

WinsorMasterに関してけっこう問い合わせが来ているので、そちらにまとめてお答えしておきます。

Youbank時代に資産を持っていた人は必ず最後までお読みください。

 

まず、WinsorMasterのアプリのダウンロードを行って下さい。

リンクは下記からとなります。

 

※Winsorのアプリが新しくなりました

Winsor Masterの口座開設のアプリダウンロードリンクはこちらから

コードは 2225647 となります。

 

※iPhoneではアプリがうまく起動しない可能性があります。Android推奨です。無い方は家電ショップなどで数千円程度から買えるものもあるので、そちらも検討下さい

 

 

次にWinsor Masterの入金方法に関してです。

まずWchatに先に入金する必要があります。

「私」の箇所の財布に入金しておきます。

Wchatに入金後に、そこから次にWinsorMasterに入金する方法はこの動画をご覧ください。

 

すでにWinsorでの配当は始まりだしているので、貰えるなら早めに入金しておいたほうがいいでしょう。

 

次にwinsorMasterの仕組みです。

最小は100ドル~、10000ドル以上で最大のリターン。

Youbank時代の株式を移管するだけなら、アクティブ化のための100ドルのみで問題ないようです。

配当は全てUSDTで行われる。

 

Youbank時代の株式のMunicsからWinsorへの移行に関しては、わかり次第シェアします。

 

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。