BitMEXからの最適な移行先「Bybit」とは

BitMEXがついに日本人の利用を禁止するという発表を行いました。

2020年5月1日0時をもって、日本からの利用が制限される事となります。

2016年の設立以来、仮想通貨のデリバティブ取引所において最大の取引量を誇っており、日本からの利用者も多かったBitMEXですが、日本の金商法の絡みで「日本人利用禁止」の措置が取られる事となりました。

 

今、日本人が使えるBitMEXの代替取引所としての候補は、「FTX」、「Bybit」、「Deribit」の3か所でしょう。

本来はBinanceパートナーの「FTX」を推したいところですが、実はここは厳格なKYCが用意されているため現時点では却下で、最も流動性や使いやすさに優れた「Bybit」が移行先としては最適です。

FTXに関しては、将来的にクオンツゾーンにコピートレード機能が追加されると聞いていますので、またその時にご紹介しようと思います。

 

FTXは出金にKYC必須、BybitとDeribitはNo KYCで利用できます。

「Deribit」はプラットフォームがユーザーフレンドリーではなく、慣れるまでに時間が掛かります。


(Bybitのトレード画面)


(Deribitのトレード画面)

見てわかる通りBybitのほうはBinanceライクのUIとなっており、直感的にトレードを行うことができるので、BybitがBitMEXからの移行先としては最適でしょう。


ではBybitの特徴を記載しておきます。

・最大100倍のレバレッジ
・複数の仮想通貨をサポート (BTC、ETH、EOS、XRP)
・低料金
・強固なセキュリティ
・充実した顧客サポートサービス
・注文が簡単
・ID / KYCは不要 (メールアドレスだけで利用可能)

 

ではBybitの口座開設方法をご紹介します。

こちらのリンクから口座開設を行って下さい。

Bybitの口座開設のリンクはこちら

Eメールか携帯番号を入力して登録を押すと、SMSが届くのでそちらのコードを入力すれば登録完了です。

 

■入金方法

画面右上の自分のメールアドレスが表示されている箇所をクリックし、「個人資産」をクリックします。

各通貨に応じた箇所の「入金」をクリックし、そこに仮想通貨を送金します。

 

■トレードの方法

BinanceライクのUIとなっており、直感的に利用できると思います。

 

指値注文

成行注文

 

Bybitは現在どの国でも規制されていません。本社はシンガポールにあり、英領バージン諸島に登録されています。

高いセキュリティと、No KYC、チャット形式で迅速なサポート体制が整っているのがポイントです。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。