PlusqoAITraderとHyperBitの状況に関しまして

PlusqoAITraderとHyperBitに関して。

何回かブログで書いていますが同じような質問が来るので再度書いておきます。

利用している方は何度も読み返し、仕組みを必ず理解しておいて下さい。

 

まずこの2つのAIトレードに関してはシグナルが出ないとトレードが開始されません。
そして、その持ったポジションを清算したタイミングで初めて管理画面上の資産推移のチャートが変わります。

つまり、管理画面上のチャートが動いていない状況は、まだシグナルが出ていない、あるいはポジションは持っているけどまだ清算されていないものがある
このどちらかの状況です。

 

レバレッジを掛けて攻めたトレードをするHyperBitのほうですら昨年12月末までの1BTC運用の資産推移のチャートはこちらです。

見てわかる通りヨコヨコの期間が1か月以上続いている時期が複数あります。

 

Plusqoの代表に確認を取りましたが、短期で結果を求める方は、いつでも資金は費用無く出せるので出して貰って結構ですと返答がありました。

PlusqoAITraderのほうは最初3カ月は一切トレードが無かったことは記憶に新しいと思います。

 

株式やFXでもそうですが、年間を通して利益を出しているアカウントは全体の2割程度であると一般的に言われています。

このプラスにできない要因はポジポジ病と言って、何かポジションを持っていないと気が済まない人が多いことがあり、
稼いでいる人はインすべき時にインし、相場の方向性がわからない時には下手に手を出さないという事を徹底している事にあります。

 

PlusqoAIやレバレッジを掛けるHyperBit共に取れる時に大きく取るため、年間を通してのBTCの増加枚数を見て欲しいという返答がPlusqoCEOからありました。

 

あとHyperBitのほうは、すでに運用数量が最大に達してしまっているため、一度運用ストップボタンを押してしまうと二度と再開はできないのでご了承下さいとの事です。

そしてPlusqoAIのほうは今現在いくつかBTCの価格が低いうちから買っているまだ清算していないポジションがあり、それが清算される前に解除してしまうとそちらは取れなくなるとの事です。

こちらは大きな含み益があるようです。

気にされる方は運用ストップはされない事をお勧めします。

 

少し前にも当ブログに書きましたが、Plusqo代表の大方の予測通り、今BTCや仮想通貨全体が調整期間に入っており、40000ドルに達したあと30000ドル台前半まで落ちてきました。

BTCは長期では「買い」なのは間違いないのですが、中期、短期ではまだ判断に付かない状況との事で、BTCを長期目線で買っていくならリスク軽減のためドルコスト平均法がお勧めとの事です。

例えば、100万円分買うなら毎日1万円ずつ買うといった方法です。

長期的に見ると上がっていくのは間違いないため、今の相場に一喜一憂しないという事です。

 

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。