春節の仮想通貨市場への影響

昨日、私のコミュニティ(中村裏投資情報局)には先に配信しておりましたが、春節(旧正月)の影響でやはり仮想通貨市場から資金が一部引き上げられているようです。

こちらは株式市場での春節による影響の数日前の記事となります。

今年は2月11日からとなりますが、中国人にとって旧正月とは1年のうちで最もお金を使う時期であり、この春節前には株を売って現金化したり、質屋に要らないものを売りにいったりと、とにかく手元資金を用意するために何でも現金化していく傾向があります。

中国人の友人から貯金がわずかの人でも旅行や、飲食などでそれを全部使い切るのがこの春節だとよく耳にしていました。

 

このタイミングで仮想通貨市場がほぼ全面安の状況というのは、中華圏からの引き上げが一部影響している可能性はあるのではないかと思っています。

一時的にBTCが400万円を超えてきましたが、また300万円台後半に戻ってきております。

BTCは長期で見ているのでそのまま放置していますが、短期で乗り換えているアルトは利益が出ている分の一部だけUSDTに替えておきました。

今年の春節が終わるのは2月17日までとなっています。

 

 


イーサリアム2.0、DeFI、NFTを組み合わせた今が旬のプロジェクト
著名人によるステーキングサービスは上記バナーをクリック
記事パスワード 2010

当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。