仮想通貨のハッキング被害が増えている件に関して

実際に被害が2件ほど出ているので共有することにしました。

マイイーサウォレットや、その他仮想通貨を預けるウェブ上のウォレットにおいて、
URLが一文字違うなどの紛らわしいアドレスで誘導し、そこで秘密鍵を入力させて全資産を抜き取るというハッキング被害が発生しています。

日本での身近な2件も、実際に数千万円単位の仮想通貨が抜き取られており、全資産を失うこととなってしまっています。

 

またもう一つの方法は北朝鮮のハッカーの仕業と言われていますが、ウォレットから資金を出す際に、
自分のアドレスを入力したつもりが、送金直前にアドレスが書き換えられるというもので、これはパソコンがウイルスに感染している事によって起こります。

スマホからの送金では発生しないことが特徴です。

BTCなどの仮想通貨の価格が大きく上がってきていますが、少しの気の緩みで全資産を失うことになりかねないので
パソコンにはウイルス対策ソフトを入れる、そしてウォレットにアクセスする際はそのアドレスが本当に間違いないのか入念に確認するという事が必要になってきます。

一番良いのは特定のウォレットはブックマークしておいて、そこからのみ開くのが良いでしょう。

 

実際に被害が出ているので私のブログを見ている方に共有することにしました。

くれぐれもご注意下さい。

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。