海外ATMでの注意事項

仮想通貨界では、よく仮想通貨をフィアットに替えた時のレートが高いという話を耳にしますが、意外と仮想通貨のほうがフィアットよりもマシなケースもあったりします。

例えば、海外のATM

海外旅行をしているときに、海外のATMでお金をおろす事も多いと思いますが、実はあれかなりの手数料を取られている事があります。

 

特にボッタくりATMが多いのはタイでしょうか。

為替手数料の名目で8%前後取られていたりすることは知らない人が多いかもしれません。

そこにATM手数料なども掛かってきて、例えば50万円おろそうとすると、手数料が4万円くらい上乗せされていたりします。

国によってバラバラですが、安いところで3%、高いところだと12%とか取られていたりします。

 

その国の大手銀行だから安心だと思われる人もいるかもしれませんが、この手数料設定は大手銀行のATMがやっていたりするんです。

むしろ小さい銀行のATMのほうが客寄せのために良心的な設定だったりもします。

 

海外のATMでお金をおろす際は、画面にレートが表示されますのでその数字をよく確認してみてください。

ATMによって、この数字に大きな開きが存在するので海外旅行の際は注意深く確認するようにして下さい。

裏側で何万円も取られていたりするわけです。

 

 

 


PLUSQO AI Trader(プラスコAIトレーダー)
エストニアで2つのライセンス取得、そしてBitGoの保険に加入済み




台北101に事務所を構えるフェニックスの高配当レンディング。
BitGoの保険に加入しており、ハッキングによる被害が保険でカバー


当サイトはあくまでもチラシの裏程度の感覚で見て頂ければ幸いです。投資にはリスクがあります。私は一切責任が持てませんので、必ず自己責任でよく考えてから行って下さい。